Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
RECENT TRACKBACK
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
英語論文で使ってみたい表現7: reach a plateau, 安定期に達する、停滞する
HIV infection rates have reached a plateau in that country.
その国ではHIV感染率は安定期に達している。(例文、訳ともじーにあす英和大辞典より引用)
英語論文で使ってみたい表現6: draw on A, A に依拠する、もとづく
... in this article I draw primarily on quantitative studies. この論文では主に計量的な研究に依拠する Rye (2006) p.51 より。太郎丸訳
be based on でもいいのかもしれないが、よくこの draw on という表現を見かける。be predicated on も似たような意味のよう。
英語論文で使ってみたい表現5: as with A, A の場合と同じように
As with the neo-Weberian sociology, the neo-chartalism locates the source of the state's monetary power in its legitimate monopoly of violence. 新ヴェーバー派社会学と同じように、新表券主義は国家の貨幣を流通させる力の源泉を、国家による暴力の正当的独占に置く。(Polillo 2011 p.440 の一文を短縮したもの。太郎丸訳)
口語だと like とか言うところだけど、文語としては軽すぎるので、かわりに as with が使えそう。
英語論文で使ってみたい表現4: address A, 「A を扱う、A に焦点を当てる」
The findings presented in this article address the social structure of the world polity... この論文で示された発見は、世界政体の社会構造に焦点をあてたものである... (Beckfield 2010 p.1055 より。太郎丸訳)
「特にこの問題を扱う」という感じのニュアンスでいいたいときに、focus 以外の表現ができるので重宝するかもしれない。ただ、address には「演説する」「述べる」という訳もあり、文脈によるニュアンスの違いには注意が必要かもしれない。
英語論文で使ってみたい表現3: A represent B, A は Bである/Bに相当する
At the CNRS, they represent 37 percent of research fellows ...  CNRSでは、彼らはリサーチフェローの37%にあたる... (Vinck 2010 p.118 より。訳は太郎丸)。
This price rise represents an increase of 7%. 今回の物価上昇率は 7% である(ジーニアス英和大辞典より)。
英語論文で使ってみたい表現2: [time/place] witness... ある時代・場所で...が起こる
Recent years have witnessed a growing social mobility. 近年、社会移動が増大している。
The retail trade is witnessing a sharp fall in sales. 小売業では今、急激に売り上げが落ちている。
いずれも例文は Oxford Adavanced Learner's Dictionary より。訳は太郎丸による。witness って一回使ってみたいなー。
英語論文で使ってみたい表現1: account for, (ある部分・割合を)占める
Comic accounts for 90% of sales.
漫画が売り上げの90パーセントを占める.(eプログレッシブ英和中辞典より)
こういう言い回しが自然に書けるようになりたい。

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"