Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
大学院は必ずしも 「フリーター生産工場」ではない

この本の噂は聞いていたが、生協の書籍部に並んでいたので買ってみた。最初はいい加減な話なので不愉快だったが、だんだん面白くなってきて、不謹慎だが最後のほうはかなり笑えた。著者自身が、高学歴ワーキングプアのようなものなので、本人の怒り・恨み、迷いや悩みが文面に出ていて、そこが面白く、逆に議論を分かりにくくしているように思う。

内容は、大学院生や若手の教員が酒を飲んで愚痴ったりクダをまいたりしているようなものなので、とくにあれこれ言うほどのこともないが、大学院に対する偏見を和らげるために、2,3指摘しておこう。

これは新書の限界だが、話をわかりやすくするために、現実の複雑性をかなり単純化してしまっているという点である。確かにポスドク問題は大きな問題で、私も大学院重点化は失政だったと思う。ただ、この本を何も知らない学部生が読むと、「大学院は恐ろしいところだ」とやはり思うだろう。著者は後半になるとその辺りにも配慮して、いい研究室もあることを最後に指摘している。しかし、それでも、あまりにも偏った著述だろう。大学院の多様性を完全に無視している。現実の多様性を指摘したい。

第1に、大学院には修士課程と博士課程がある。これらを分けて考える必要がある。大阪大学の場合、修士修了者は、一般企業への就職があるが、博士課程修了者の就職難は今でもあるらしい。まず著者の議論は博士修了者に限定して考えるべきである。

著者の議論の前半は、「大学院は大学の先生になるために行くところ」という大前提のもとになされているが、文科省も大学もそんなことは全く考えていないのではないだろうか。私の所属する大講座の場合、大学院重点化の前後で実質的に定員が3倍から4倍程度に増えたが、大学教員のポストがそんなに増えるわけがないのは自明である。それゆえ、「一般企業に就職してください」と文科省も大学も考えてきたはずである。もちろん、そんなに急に一般企業が博士修了者を採用するようになるわけはないので、文科省も大学も半ば確信犯的に「高学歴ワーキングプア」を作ったという著者の主張には同意できるのだが。

問題は、博士課程修了者の一般企業への就職が困難であるという実情である。うちの講座でも一人、博士後期課程の学生が一般企業に就職したので、今ならば就職はあるということだろうが、いずれにせよ、まだ実績も少ないし、そのような企業も少ないと思われる。文系でも修士課程修了の学生の採用に関しては、積極的な企業が増えていると感じる。私の周りを見ていても、修士課程修了でも就職は決まっている。それゆえ、院生は博士に進学する際に決断を迫られるというのが当世の事情である。文科省や大学は、博士課程修了者の一般企業への就職をサポートすべきであろう。

著者の議論が単純すぎるもう1つの点は、大学や専門分野による多様性を無視している点である。一般論として言えば、偏差値の高い大学の大学院のほうが就職に有利である(もちろん、例外もいろいろあるので、大学院を選ぶ時は慎重に選んだほうが良い)。昔からほとんど就職口のない専門分野もあれば、私の出身講座(経験社会学講座)のように、院生がすぐに就職してしまうので、慢性的な人手不足に苦しんでいるような講座もある。本人に適性があり、見込みのある大学の研究室・専門分野を選んで進学すれば、研究者になるのは決して夢ではない。

第3に、大学教員が学部生をだまして進学させるなど、そんなにたくさんあるのだろうか。もちろん、そういう先生もいるだろうが、セクハラやアカハラと同程度の頻度だと考えるべきだろう。

大学院への進学を迷っている人には一般論として次のようにアドバイスすべきだろう。まず、著者の言うようにひどい大学院は確かに存在する。しかし、(やはり著者が言うように)ちゃんとした教育・研究をしている研究室は確実に存在するので、そういう大学院の研究室を選ぶべきである。妥協して変な所に行くとひどい目に遭うかもしれない。

第2に、(このブログでは繰り返し書いているが)商売としての研究と、趣味としての研究は違う。商売としての研究を面白いと思えないならば、研究者はやめたほうがよい。商売の場合、その研究を買ってくれる大学や企業が必要である。そういう社会的に必要とされる研究をしなければ、商売として成り立たない。また、商売として成り立つには、お客さんに自分の仕事の価値を分かってもらわなければならない。価値観の違う他者を説得できるだけの証拠や論理が必要である。趣味で研究する場合は、このような要求にはさらされないので、純粋に自分の好奇心のおもむくままに研究すればいい。成果も出す必要はない。「ピンとこないが、研究はしたい」という人は、修士に入ってから自分の適性を考えてもいいだろう。

第3に、大学教員だけでなく、一般企業や官公庁などへの就職も選択肢として考えておくべきである。高学歴ワーキングプア増加の原因の一つは、「大学院生には、大学の先生になるしか道がない」という思い込みである。大学院で学んだことは、大学以外の場所でも生かすことはできるはずである。大学以外では、生かせないような研究テーマもあるが、そういう研究テーマはリスクが高いので、あまりお勧めできない。

スポンサーサイト
- | 18:15 | - | -
コメント
from: 学歴の書き方   2010/08/01 10:16 PM
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"