Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
基礎づけ主義と哲学の自然化をめぐって

プラグマティズムの勉強のために読んでみたが、おもしろかった。クワインはプラグマティストとみなされることがあるが、パース、ジェイムズ、デューイといったいわゆるプラグマティストから強い影響を受けているわけではなさそうである。著者によれば、この世界を記述したり説明したりすることのできる言語(言語とは理論を含む我々が用いる言語の総体)は複数存在しうるので、そのうちのどれを選ぶかは、プラグマティックに考慮すべきだ、といった程度の意味である。この場合のプラグマティックとは、わかりやすいとか、おもしろいとか、予測可能性やコントロールが容易であるといった、私たちの生活実践での有用性を考慮するということであろう。著者によれば、クワインはカルナップ(論理実証主義者)から強い影響を受けるとともに、カルナップを深く敬愛していたようである。そういう意味では論理実証主義の鬼っ子であったともいえる。

この本を読んで初めて理解したのであるが、哲学における言語論的転回とは、ヴィトゲンシュタインの『論理哲学論考』に由来し、論理実証主義者によって強力に推進されたそうである。社会学の世界では、論理実証主義に批判的な研究者が「言語論的転回」にしばしば言及するので、言語論的転回とは、論理実証主義と対立するものかと私は考えていたのであるが、少なくとも哲学の世界では、そのような理解は間違っていたようである。

クワインはカルナップの規約主義に心酔するところからスタートして、最終的には分析命題と総合命題を区別するような考え方を否定するにいたったわけであるが、このような考え方は実感としてはよく理解できる。分析命題とは、命題に現れる言葉の意味だけで命題の真偽が決まるような命題のことである。例えば、「すべての独身者は結婚していない」といった命題である。総合命題とは、言葉の意味だけでは命題の真偽が決まらないような命題のことで、「心臓を持つ動物はすべて腎臓を持っている」が総合命題の例として挙げられている。両者の総体=信念体系がその「ふち」で経験に接しているのであって、信念体系に反する事実が発見された場合、その信念体系を事実に適合するように修正する方法はいろいろあるのであって、個別の命題がストレートに反証されるわけではない。

クワインが哲学の科学に対する優越性を否定するのには(ホーリズムの必然的帰結であるから)共感できる。つまり、正しい哲学によって基礎づけられた科学こそが本当に正しい科学である、といった考え方を基礎づけ主義と呼んでいるのであるが、基礎づけ主義の否定には共感できる。しかし、なぜ「哲学の科学化」ではなく「哲学の自然化」なのであろうか。これまで哲学の特権的な領域と考えられていた領域に、自然科学を援用することは、ホーリズムの観点から考えて納得できるのであるが、なぜ自然科学だけを援用して、心理学や社会学や経済学には言及しないのだろうか。認識論とは人の認識についての学問であるから、人文・社会科学の知見こそ援用できそうな気がするのであるが、なぜいきなり脳や遺伝子の話になってしまうのだろうか。social epistemology みたいな運動を、クワインはどうとらえていたのだろうか。

スポンサーサイト
- | 14:03 | - | -
コメント
from:   2009/05/26 1:08 AM
クワインは、「自然化された認識論」という論文の中で、認識論は心理学の一部になるみたいなことを言ってたはずなので、心理学に言及してないってことはないはずです。

この本の254ページの一番下あたりとか。
http://books.google.com/books?hl=ja&lr=&id=Gp9Umi2VEh8C&oi=fnd&pg=PA245&ots=OEz0Qw3S4-&sig=b-vsQZ6A5R29D_3DAhfc-9AhiC0#PPA254,M1
from: tarohmaru   2009/05/26 7:59 AM
どうもありがとうございます。ということは、丹治信春さんが「自然化」ということを強調するために、特に心理学には言及しなかっただけということですね。指摘していただいたパラグラフを読んでみると、心理学も自然科学の一要素みたいなことが書いてありますね。一部の心理学者も自分たちは理系だと思っているみたいだし、あながち変な議論ではないのかも。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"