Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
プラグマティズムと社会的(シンボリック)相互作用論

Dmitri N. Shalin, 1986, "Pragmatism and Social Interactionism," American Sociological Review, Vol.51 No.1, pp.9-29.
プラグマティズムと社会的相互作用論の共通性について論じた論文。社会的相互作用論とは、いわゆるシンボリック相互作用論とかなり重なるのだが、クーリー、トマス、パーク、エルウッド(Ellwood)といった、ブルーマー以前のシンボリック相互作用論の基礎を作った人々がしばしば参照されている。プラグマティストとしては、パース、ジェイムズ、デューイ、ミードが挙げられている。ミードは社会的相互作用論の論者でもあるので、プラグマティズムと社会的相互作用論の間に共通性があるのは、当然であろう。著者は以下の4点を指摘する。
  1. The World in the Making: どちらも、現実をたゆたう (flux) ものとしてとらえる。この世界は、固定的な事実としてそこにあるのではなく、行為者がどのような構えで世界に接するかによって、全く異なった様相を見せる。プラグマティズムでは特に知識が行為に依存することを強調する。「知るということは、それ自身で存在するのではなく、何かをなすことで存在する」(p.11)。"thought is essentially action" (Peirce 1955: 29 孫引き)、"The unit of existence is the act" (Mead 1938: 65 孫引き)。それゆえ、同じ社会のメンバーでありながら、行為者が異なる状況で異なる目的のもとに異なる行為をするため、異なる現実を生きるということが生じる。いわゆる多元的現実である。
  2. Structure as Emergent Process: 前項の議論は社会構造についてもあてはまるので、社会構造も、社会的相互行為を通して再生産されたり、変化させられたりする。個人は社会を作り、社会は個人を作るという、おなじみの弁証法である。
  3. Knowing as Participation: 第1の議論から考えれば、書斎で研究者が論文を書くために想像する社会と、ホームレスが路上で体験する社会は違ったものでありうる。彼らを取り巻く状況も彼らのなす行為も大きく異なるからである。それゆえ、ホームレスが生きる現実を知るためには、ホームレスと同じ状況に身を置き、同じように生活することが有効である。いわゆる参与観察である。社会的相互作用論者が参与観察を好むのは、そのせいである。
  4. Ideological Commitment to Ongoing Social Reconstruction: プラグマティストも社会的相互作用論者も、民主主義の理想を信じ、米国の現実を少しでもその理想に近づけるために改良していくことにコミットしていた。
著者は、基本的に社会的相互行為論に対して好意的であるが、ただ1点だけ、社会的相互行為論がマクロな社会的不平等や社会構造の問題を十分に扱ってこなかったことは認めている。しかし、この点に関してはプラグマティズムは異なるという。デューイが教育制度の改革に熱心であったのはよく知られているし、経済や政治制度のラディカルな改革が必要であると考えていたという。つまり、Shalin によれば、社会的相互行為論は、プラグマティズムの哲学に反して、構造的な不正や不平等を扱い損ねているという。

現実の多元性や相対性を強調すると、どうしても不平等や不正について論じるのは難しくなる。なぜなら、ある人々の観点から見れば不正であっても、別の人々の観点から見れば不正ではない、ということが起こるからである。社会的な不平等や不正について論じるためには、このような立場の違いを越えて、人々が共通の枠組みで文化や制度を見る必要がある。元来、社会的相互作用論は、階級やエスニシティの違いを超えて、多くの人々の間に共通の理解を作り上げることを目指していたはずであるし、そういった可能性はまだ失われていないはずである。しかし、いつのまにか相対化を繰り返すだけのくだらん議論が増え、わざわざ参与観察しなくてもちょっと想像すればわかるようなことしか書いていない議論のせいで、その魅力はずいぶんと薄れてしまったように思える。

スポンサーサイト
- | 13:12 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"