Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
非典型雇用のナショナル・コンテクスト

Debra Hevenstone, 2010, "National Context and Atypical Employment," International Sociology, Vol.25 No.3, pp.315-347.
非典型雇用がどんな国で多くなりやすいか分析した論文。ここでいう非典型雇用とは、雇用期間に定めのある雇用、パートタイム、自営の3種類を指す。それぞれの操作的定義に関しては明示されていない。何が原因で非典型雇用が増加しているのかに関しては、これまでほとんど研究されていない。Hevenstone によれば、非典型雇用率が増加したり減少したりするメカニズムは三種類考えられる。
  1. 第1に企業が規制を逃れ、低コストの労働力をえようとした結果、非典型雇用率が上がるという仮説が考えられる。それゆえ、典型雇用への雇用保護が強く、非典型雇用への保護が弱い国では非正規雇用率が高くなると考えられる。また(典型雇用者の)組合組織率が高くストライキが頻発している社会では、典型労働者の雇用コストが高くなるので、雇い主にとっては非典型労働者を雇うインセンティブが高まる。さらに賃金以外のコスト(社会保障負担などの労働者にとってのフリンジベネフィット)が高いほど雇い主にとって非典型労働者を雇うインセンティブが高まる。この仮説は自由市場追求仮説と呼ばれる。
  2. 第二に、労働者の雇い主に対する交渉力が弱いと、労働者は不利な契約を結ぶことになると考えられる。つまり非典型雇用になりやすい。失業率が高く、実質賃金が低く、失業補償が貧困な社会では、労働者は非典型労働のような意に沿わない仕事でもやらざるをえなくなるので、非典型雇用率が高まると考えられる。この仮説は制限個人選択仮説と呼ばれる。
  3. 第3の仮説は、起業家精神仮説と呼ばれ、起業精神の旺盛な社会では、とうぜん自営業の比率が高まり、企業の準備には雇用期間に定めのある雇用やパートタイムでも不利とは言えないし、むしろ好都合(残業したり余計な責任を負わずに済むから?)であるという。指標としては単位人口当たりの特許取得数と全起業活動指標 (Total Entrepreneurship Activity Index、開業数と自営業数をあわせた指標だという)が用いられている。
データは1990〜2006年の30カ国分の state-year データで、 Eurostat や OECD のデータベースからとっているようであるが、細かいことは不明。NA が著しく多い。分析は期間に定めのある雇用、パートタイム、自営の比率をそれぞれ被説明変数として、固定効果モデル、またはランダム効果モデルで回帰分析している。上記のすべての変数を投入したモデルでは、14〜24ヵ国、123〜183ケース程度のプール・データでほとんどの変数が有意にならない。
  1. 雇用期間に定めのある雇用に有意な効果を持つのは、全起業活動指標、組合組織率、失業補償、実質賃金であった。全起業活動指標、組合組織率は仮説通り、期間に定めのある雇用の比率を高めたが、失業補償、実質賃金は仮説とは逆に期間に定めのある雇用の比率を高めた。つまり、これらは労働者の交渉力を高めるのではなく、むしろ不安定雇用でも生きていけるだけの余裕を生み出していると考えられる。
  2. パート比率に有意な効果を持つのは、ストライキの頻度だけで、これも仮説とは逆にパートの比率を下げている。これはなぜだかよくわからない。
  3. 最後に、自営比率には特許申請率と典型雇用への雇用保護、実質賃金でこれらは仮説通り、前の二者は自営率を高め、実質賃金は自営率を低める。
Hevenstone はその後、フルモデルからいくつか変数を取り除き、"Best Model" を作っている。このベスト・モデルでは、かなりの変数が有意になっているのだが、単にサンプル・サイズが増えて標準誤差が下がり有意な結果が得られているのではなく、パラメータの推定値が大きく変化している。しかし、報告されている説明変数間の相関は非常に弱く、多重共線性のせいでパラメータ推定値が不安定とも考えられない。おそらくは、国によってかなり傾向が異なり、いくつかの国をサンプルに含むか含まないかで、かなり結果が変わってくるのだろう。しかし、それぞれの分析にどの国のいつの年のデータが含まれているかはあまりはっきりしないため、結果をどの範囲に一般化していいのかわからないのである。Hevenstone は最終的にかなり仮説は指示されたという論調なのだが、他にも分析の細部がずさんで、どこまで信じていいのかよくわからないという印象を受ける。こころざしは高く買うが、データの質にやや難ありというべきか。
スポンサーサイト
- | 19:19 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"