Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
新自由主義的な経済政策の世界的な伝播 1977-1999

Witold J. Henisz, Bennet A. Zelner and Mauro F. Guillén, 2005, "The Worldwide Diffusion of Market-Oriented Infrastructure Reform, 1977-1999," American Sociological Review, Vol.70 No.6, pp.871-897.
電話産業と電力産業の民営化を含む市場志向的な政策が世界的に伝播していくメカニズムについて検討した論文。いわゆる新自由主義的経済政策は、ケインズ主義的な経済政策と対置され、ケインズ主義が需要側 (demand-side) の政策を重視するのに対し、新自由主義は供給側 (supply-side) を重視するという。ケインズ主義は財政出動を通して需要を創出し、完全雇用を実現しようとするのに対して、新自由主義は規制を緩和し、減税を行い、起業を促進するなどして、より新古典派的な理論上の「市場」に現実の市場を近づけることで、市場の効率性を高め、長期的な経済成長を目指す(p.873)。より具体的には、この論文で扱う電話産業と電力産業の新自由主義的な構造改革とは、以下の4つの政策のことである。
  1. 国営企業の民営化。
  2. 規制・監視部門の本庁からの分離。
  3. 本庁からの規制・監視部門に対する実質的な影響力の削減。
  4. 市場の複数の事業者への開放。
電話や電力はかつてしばしば国営企業やそれに類する事業体によって担われてきたので、新自由主義的な観点に立てば、これらの産業では市場のメカニズムが働かず、適正な価格で適正なサービスを提供することが阻害される。そこで、これらの産業に市場原理を導入する必要があるわけだが、そのためには、国営企業を民営化し、複数の企業を市場に参入させ、市場の監視や規制が政府の利害から自由でなければならない(あまりはっきり書かれていないのだが、おそらく、少なくとも短期的には、政府はこれらの市場に参入している特定の企業と強い関係を持つことが多く、そのためそれらの企業に有利なようにルールをゆがめるインセンティブがあるということなのだろう)。このような新自由主義的な政策は1970年代にチリとイギリスで初めて導入され、その後次第に多くの国で採用されるようになっていったという。

Henisz, Zelner and Guillén が明らかにしようとしているのは、上記のような新自由主義的な政策が、どのように伝播していったのか、という問題である。新制度派の経済社会学にしたがえば、組織場 (organizational field) の中では、組織(この論文の場合は政府)はしばしば類似した制度や政策を採用するのであるが、その理由は大別して以下の三つがある。

  1. 強制。この例の場合は、国際通貨基金 (IMF) や世界銀行が融資と引き換えに新自由主義的な経済政策を強いてきたことが、その伝播を促進したと言われている。
  2. 規範的な同調。世界政体論で強調されるように、つながりの強い国々の間では相互に模倣が生じやすいので、新自由主義的な経済政策もそのようにして伝播すると予測できる。
  3. 競争的な模倣。世界市場でライバルとなるような国どうしは、相互に模倣しあうと考えられ、それによって新自由主義が伝播したと予測できる。
以上の3つのメカニズムが本当に働いていたのかどうかを、1977-1999年の 71 カ国に関する state-year データを使って検証するのが、この論文の課題である。被説明変数は、電話産業と電力産業に関して、上記 4つの政策がとられているかどうかを示す二値変数で、合計 2×4=8 個の被説明変数を使ってそれぞれプロビット分析をしていると考えればよいのだが、誤差相関を考慮するために、それぞれの産業に関する4つの被説明変数を同時推定し、残差の相関も推定している。モデルはさらに同じ国の異なる年のケースに関して相互に誤差相関を仮定している。この種の推定については私はよく知らないのだが、ランダム効果モデルによく似たモデルであると理解している。

説明変数は、まず「強制」の指標として IMF や世界銀行からの負債額がもちいられている。次に、規範的同調の指標として、貿易相手国が新自由主義政策をとっていなければ 0 、とっていればその国との貿易額の総輸出入額との比をとるような変数が作られている。最後に競争的な模倣の指標として、類似の産品を輸出している程度を示す指標( role-equivalence と呼ばれている)を使って、政府間のライバル関係の程度を測り、もしも相手国が新自由主義政策をとっていなければ 0 、とっていれば上記のライバル指標をとるような変数を作っている。つまり、ライバル関係の程度が強い企業が新自由主義的政策をとっていると、自国の政府も同じ政策をとる傾向があれば、この変数は正の有意な値をとるはずである。他にも各産業のパフォーマンスや政府の財政事情や政権の安定性、都市化の程度などをコントロールしたうえで、パラメータを推定している。

必ずしも仮説通りの結果は出ていないのであるが、IMFや世界銀行からの借金が多いと、民営化しやすく独立した規制・監視機関を設けやすいという結果は、電話、電力の両方に関して得られている。ただし、実質的影響力の削減や市場の開放に関しては有意な結果は得られていない。規範的な同調と競争的な模倣に関しては、仮説どおりの有意な推定値が得られたのは、4 / 16 = 1 / 4 のパラメータだけで、それ以外は有意な結果が得られていない。このような結果が得られた理由として、市場の開放や政府の実質的影響力を正確に測定することが難しいという点が指摘されているのであるが、それなら最初からこれらの指標は検討しなければいいだろうと言いたくなるのは私だけではあるまい。ただ、単一の指標だけではなく多面的に新自由主義を検討するというのがこの論文のセールス・ポイントなので、苦しいところではある。私としては、まず潜在クラス分析や項目反応分析などをして、もっと被説明変数を少ない次元に縮約してから分析したほうがいいのではないかと思った。結果が煩雑すぎて Henisz らもわかりやすい一貫した解釈を提供できないでいる。

もう一つ気になるのは、規範的同調の程度を示すのに、貿易額で相手国とのつながりの強さを示している点である。貿易でつながっている国の政策を政府が模倣しようとするかというと、私の実感でいえば、かなり疑問である。例えば中国との貿易がどんなに大きくなろうと、米国や日本や台湾が、中国の経済政策をまねしたりするとは思えないのである。このように分析にはいろいろ疑問があったのだが、新自由主義的政策の世界的な広がりについて、きちんと分析しているという点ではたいへん好感をもった。日本国内では安易なネオリベ批判しか耳にしないので、こういった研究は貴重だと感じるのである。

スポンサーサイト
- | 13:26 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"