Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
グローバル化は文明化か、破壊か、それともわずかしか進んでいないのか? 社会科学における5つの主要な論点の検討

Mauro F. Guillén, 2001, "Is Globalization Civilizing, Destructive or Feeble? A Critique of Five Key Debates in the Social Science Literature," Annual Review of Sociology, Vol.27 No.1, pp.235-260.
グローバル化の5つの論点に関するレビュー論文。5つの論点とは、
  1. グローバル化は本当に生じているのか?
  2. グローバル化によってさまざまな社会は収斂しているのか?
  3. グローバル化によって国民国家(といよりも政府)の権威は掘り崩されているか?
  4. グローバル化と近代化はどう異なるか、あるいは両者は同じなのか?
  5. グローバル文化は形成されつつあるのか?
である。それぞれの論点に関して肯定的論者と否定的な論者があるが、 Guillén 自身は以下のように主張している。第1の論点に関して、 Guillén はグローバル化は進行してきた主張する。確かに Hirst and Thompson (1996) や Wade (1996) のように、グローバル化といったまったく新しい現象が起きていることに対して否定的な議論もあるが、彼らのあげる証拠は経済的なものが中心でしかもせいぜい1990年代の前半までのものであり、その他のさまざまな諸領域ではグローバル化の存在を支持する証拠もあるという。つまり、どんなことがらのグローバル化なのかや、指標によってはグローバル化が生じていないことになる場合もあるが、生じていることになる場合もしばしばあり、グローバル化の存在を全面否定することはできないということであろう。

第2に、Guillén はグローバル化による収斂に対して否定的である。収斂に関しても、いったいどんな事柄に関する収斂なのかが問題なのだが、収斂に関してまとまった主張をしている論者はそもそも非常に少ない。比較的はっきりと収斂を主張しているのは、Meyer et. al. (1997) に代表される World Polity Theory ぐらいだろうか。マクドナルド化やグローバル化=アメリカ化を主張するような論者たちも収斂理論の一種とみなせるかもしれないが、Guillén はこれらを特に取り上げていない。事例研究では差異が強調されやすいので、とうぜん収斂理論に関しては否定的な結論になるのだが、Ingleheart and Baker (2000) のような World Value Survey を分析した研究でも収斂には否定的で、 経路依存性が強調されている。

第3に、Guillén は、国民国家政府の権威は掘り崩されてはいないという。この点に関しては賛否両論で、そもそも権威 (authority) とか権力 (power) といった語の意味があいまいなので水かけ論なのだが、Guillén はウェストファリア体制とよばれるような国民国家システムは本質的には変容しておらず、国民国家政府は経済、政治、文化といったさまざまな領域に依然として大きな影響力を持っていることを強調している。しかし、そのような力を本当に持っているのは一部の国民国家(例えば G8 とか G20 と呼ばれるような国々)だけで大半の小国は巨大企業に比べて大きな力を持っているとは言えないという主張にも一理あるように思えるし、Inter-Governmental Organization (IGO) や Non-Government Organization (NGO) の重要性は100年前より増していると言われれば、そうかもしれないと思うし、きちんと尺度を定めてデータを取らないとあまり生産的な議論にはなるまい。

第4に、グローバル化は確かに近代化をともなうことがあるが、グローバル化=近代化とはいえないと Guillén はいう。これも定義に強く依存する問題だが、Guillén は近代を欧米文化だとみなしており、近代化=欧米化と考えている。いっぽうグローバル化は必ずしも欧米化ではなく、非欧米が欧米に影響を与えることがしばしばあり、グローバル化=近代化とは言えないという。近代化という概念が矮小化されているような気がするのだが、水掛け論なので深入りしない。

最後に、グローバル文化と言えるような世界共通の文化はどこにも確認できないと Guillén は主張している。これもデータがあまりないのではっきりしないが、例えばこの数十年の間に多くの少数言語が消滅していったといわれるが、これは文化的な多様性が失われていっている証拠にはならないのだろうか。だからといってグローバル文化が生じていることにはならないだろうが、多様性が下がっているということは共通性が高まっているということなので、安易に文化的な共通性の高まりを否定するのもどうかと思う。ヨーロッパの社会学者が英語で論文を書くケースが数十年前に比べて増えていると思うのだが、これも学問の世界の共通性の高まりとは考えられないのだろうか。グローバル文化という言葉に特殊な意味合い(例えばヘーゲルの世界精神のような)があるのかもしれないが、収斂(共通性の増大)が生じているかどうかは、ケースバイケースできっちり検討すべき問題で、安易に全面否定したり全面肯定したりすべきではなかろう。と、書いていて気付いたが、私の考えでは、この第5の論点(グローバル文化)は、第2の論点(収斂)の特殊ケースなのだが、やはり Guillén はグローバル文化という言葉に、収斂とは異なる何か特殊な意味合いを持たせているのかもしれない。

スポンサーサイト
- | 10:59 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"