Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
要望:日本社会学会のプログラムには副題や共同報告者も記載できませんでしょうか

今年の日本社会学会のプログラムでは報告の主題だけが記載され、副題は省略されていた。このような措置によってダメージを受けた報告者は私以外にもけっこういるのではないだろうか。もちろんプログラムの構成や印刷などにかかわられている皆さんのご苦労や熟慮は察するに余りあるし、私が以下に書くようなことは十分考慮したうえでその他の事情(例えば、プログラムの印刷費を抑えたいとか、プログラムが長くなりすぎて一覧性が低くなっているとか)を総合的に考えて、副題はあえてプログラムから割愛されたのかもしれない。それゆえ、担当された方々を批判する気など全くないのだが、一会員としての事情や要望を書いておきたい。

今回私はとうぜん副題もプログラムに掲載されるという前提で副題を考えた。副題が省略されることは、少なくとも日本社会学会の報告申し込みに関するウェッブページには書かれていなかった(2012/9/13現在。総会やニューズレター等では知らされていたのかもしれない)。このことを知らなかった報告者は私以外にもけっこういるだろう。今回私は複数の報告からなる共同報告の一部を担っていたので、

性役割意識はなぜどのように変化したのか? 「日本人の意識」調査のコーホート分析 1973-2008 (1)
というタイトルになったのだが、プログラムからは「「日本人の意識」調査のコーホート分析 1973-2008 (1)」という部分が削除された。この副題は、その他の共同報告にも共通していたのだが、これが削除されたことで共同報告だということが分からなくなってしまった。また日本に関するコーホート分析だということも不明になってしまい、主題だけでは、なんとも間が抜けているなー、という印象である。もしもこうなることが分かっていれば、副題など付けず、
日本の性役割意識の変化に関するコーホート分析 1973-2008 (1)
とでもしただろう。もっと気の毒なのは、「××調査より(1)」「××調査より(2)」「××調査より(3)」といったタイトルが4つか5つぐらい並んでいる部会で、ほとんど具体的な内容が分からない。私は最初、副題が省略されているということに気付かなかったので、「ずいぶんアバウトなタイトルの付け方だなー。」と思っていたのだが、副題が省略されていることに気づかない会員もいるだろうから、こういった誤解が現在広がっている可能性もある。

報告の聞き手の立場から考えた場合、もちろん、要旨集には副題はもちろん要旨も載っているので、詳しいことが知りたければ要旨集を見ればいいわけであるが、要旨集は大会当日まで見ることができないし、数百ページの紙媒体なのでいちいちページをめくって調べるのが大変で、到達可能性は低い。少なくとも私はほとんど見ない。ただ今回のプログラムに関しては情報が少なすぎるので、いつもよりは要旨集を見る可能性はあるが、難儀やなー、というのが正直なところである。

今後もプログラムから副題を削除することが続くならば、私ならば重要な情報は無理やりにでも主題に盛り込むだろう。そういう人がある程度いれば、今後、主題の平均的な長さが伸びていくだろう。しかし、それは最良のタイトルではないかもしれないので、タイトルのクォリティが劣化する恐れがある。さらにプログラムを見て聞きに行く報告を考える人たちの利便性も低下する。

プログラムから副題を削除することでいいことがあるとすれば、プログラムのページ数を短くできるとか、プログラムのレイアウトが容易になるといったことである。実は日本社会学会の報告申し込みに関するウェッブページには連名で報告する(一つの報告を複数の人が行う)場合、プログラムには登壇者の名前しか記載されないと記されているのだが、実際に見てみるとなぜか登壇者以外の名前も記載されている。どういう経緯で予定が変更されたのかは分からないが、プログラムの表記の仕方に関しては難しい問題があることが推察される。前述のようにプログラムの印刷代が足りないとか、副題を記載すると別の何らかの不都合を被る会員がおられるのかもしれない。ちなみに私は登壇者以外の報告者の名前も(3人ぐらいまでは)プログラムに記載すべきだと思っており、今回のプログラム担当者の判断には感謝している。

もしも印刷代が問題ならば、要旨集のほうを圧縮してほしい。重くてかさばるだけでほとんどの会員には無用の長物である。例えば、印刷版のミニ要旨集とPDF版の要旨集を分けて作り、報告申し込み者には、印刷版要旨集に載せる100〜200字程度の要旨と、PDF版に載せる2〜4ページ程度の要旨の両方を書いてもらうようにしてはどうだろうか。2種類作ることで手間は増えるのだが、要旨集の印刷費は劇的に抑制できよう。また、日本社会学会の報告申し込みはWEBのフォームに様々な情報を入力することで行っているので、これをTeXなどで機械的に印刷のフォーマットに流し込むことは可能であろうから、追加の手間は大したことはないかもしれない。あるいは印刷版の要旨集は思い切ってなくしてしまい、PDFのみにしてしまうという方法もあろう。これが大会の前に公開されれば参加者の利便性も向上しよう。紙媒体で要旨集の記録を残しておきたいという人は各自で印刷して残しておいたらいい。またPDF版の要旨集を2〜4ページにすることで報告のハードルが上がり、報告者数が抑制され、大会運営コストを下げることもできよう(ただし、緩やかなセレクションの担当者は今より長い要旨を読まなければならなくなるが、情報量は増えるので判断は容易になろう)。

以上、勝手なことをいろいろ書いてきたが、この程度のことは誰でも考えつくと思うので、私が想定していない難しい問題があって、今回のような決定に至った可能性は十分にある。また、プログラムを担当された諸先生方の献身的な活動のおかげで学会活動が継続できていることを考えると、感謝の念を感じこそすれ、文句など言えた立場ではないという気分になるのだが、やはり要望は要望として書いておくことにした。

スポンサーサイト
- | 11:43 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"