Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
RECENT TRACKBACK
 
社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション

 社会システム理論に依拠した本を書評していてあらためて感じたのは、社会システム理論好きの人々は、あらゆる社会現象を一つの枠組みで捉えたいという野望にとり憑かれた人たちだということだ。例えば、合理的選択理論は非合理な行為を説明できない。デュルケム理論は、ある種の反社会的行為を説明できない。しかし、システム理論ならば、どちらも説明できる。というわけだ。ミクロからマクロまで一貫した図式で説明できる。

 ただ、彼らのいう説明は説明ではない。ただの記述である。日常言語で記述されたものをシステム理論のジャーゴンで言い換えているに過ぎない。社会システム理論は、これまでほとんど反証可能な理論を生み出さなかった(とはいえ、パーソンズの議論の一部は反証可能だったし、生産的な議論を生み出した。結果的にはパーソンズが考えるほど近代社会は一様でないことがわかったのだが)。こういった批判はこれまでも繰り返し述べられてきた。だからこそ今やパーソンズを真剣に取り上げる研究者はごくわずかだし、ルーマンも一部のカルトを除けばほとんど読まれていないのだ。今頃、これまでの社会システム理論の凋落に関する真剣な反省もなしに、社会システム理論にナイーブに依拠できる神経が理解できない。

スポンサーサイト
- | 08:29 | - | -
コメント
from: ジェローム・パウロス   2005/02/05 11:52 PM

 太郎丸博さんのシステム論に対する理解は、自分氏よりかなり未熟である。どうやらまだ評するにあたいするほど、社会システム論の根本的前提(真理観)を勉強していないようである。
 
 まず、社会の記述方法には二種類あることを考えていただきたい。
一つは実証的記述、もう一つは物語的記述である。ヘーゲルの法哲学と同じく、社会システム論も物語的記述であることを忘れてはならない。社会システム論がホパーのいう反証可能性をもたないことから、実証的理論ではないと言いたいのだろうが、そもそも社会的にリアルなものは構成されたものにしかすぎず、社会に物理的リアリティ(認識と対象の一致という真理観)を期待しても無駄である。
 
 反証可能性という物理的リアリティでもって、社会システム論を語ることはできない。そもそも、社会システム論ははなから反証可能性という物理的リアリティなど前提としない。社会的にリアルなものは、人々のコミュニケーションによって、構成・創発される他なく、言わば、物語にしかすぎない。つまり、物語は外存化、客体化、内存化によって、暫定的な社会的なリアリティを獲得する。
 
 あらかじめ(社会)全体という何かが存在しており、それを記述・説明するのではなく、その全体を多くの他者に語った時点で、全体という共同の物語が構成され、創発されるにすぎない。あなたの全体を説明できないという発想それ自体が、すでに認識できない全体というリアル(意識の外)をつくりだしていないか?実は、あなたがそう語ることで実は否定神学的に全体(もの自体)を創発するおそれがあるである。要注意である。
 物理的リアリティの通用しない社会という領域は、システム論的なしい社会構成主義的に観察・記述するほうが適切だと思うが、どうだろうか?
 社会はあるものではなく、社会はつくられるものという視点に立てば、システム論に違和感は感じないと思うが、あなたの場合、完全現実として社会を捉え、それに依存するという立場のようですな。社会に拘束されているという感覚が強い方かもしれませんね。それなら疎外論的に理解できますが。

from: 宮国   2016/12/19 1:16 PM
初めてコメントいたします。
私も社会システム理論には違和感を感じております。

私は(コメントされた方よりも)太郎丸先生の感覚・見解の方が至極まっとうであると思います。

社会システム理論は、ウィトゲンシュタイン的言語観のもと成立していると思います。経験的事実による論理・理論の根拠づけを否定しているため、事実による論理・理論の検証、という社会科学として当たり前のプロセスが軽視されてしまっています。

経験的事実と乖離した無根拠の論理構成で社会全体を説明したとしても、それは単なる”妄想の世界”にすぎないと思います。

とにもかくにもウィトゲンシュタイン的言語観をきちんと批判することが重要だと思います。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sociology.jugem.jp/trackback/72
 システム論は説明ではなく、記述をしているのみという点は仰るとおり。ルーマンや他のシステム論者も進んで記述というタームを使用しています。恐らくそういった志向は、複雑性に満ちた社会というものは、そっくりそのまま言語を用いて説明し得ない、けれどもその複雑
社会学的作法blog | 2005/02/05 12:18 PM
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"