Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
RECENT TRACKBACK
 
D. サルツブルグ『統計学を拓いた異才たち:経験則から科学へ進展した一世紀』

David Salsburg, 2001, The Lady Tasting Tea: How Statistics Revolutionized Science in the Twentieth Century, W. H. Freeman (=2006, 竹内 惠行 and 熊谷 悦生 訳『統計学を拓いた異才たち:経験則から科学へ進展した一世紀』日本経済新聞社).
20世紀の統計学の発展を、著名な統計学者の伝記的な記述を交えながら、わかりやすく書いた本。ハッキングの『偶然を飼いならす』が19世紀の統計学の発展を社会科学にフォーカスして書いたものであるのに対し、本書は主に20世紀の発展を扱っており、医学や生物学分野で用いられる統計が主に用いられているという印象がある。著者は長くファイザー製薬の研究所で働いていたというから、そうなるのも当然といえば当然である。ハッキングに比べればずっとわかりやすく、読みやすいが、400ページ以上の大著であり、だいたい同じような感じの章が繰り返されるので、150ページほど読んだら飽きてしまった。また、確かにわかりやすく書かれているが、これを読んだからといって統計学がわかるようになるわけではない。私ももともと知っている統計に関する記述については、「あああの話か。数式使わずにわかりやすく書こうとするとこんな感じの解説になるんだな。」と思ったが、知らない統計の解説は、さっぱり意味不明なものがほとんどで、私は数式をある程度使って解説してもらったほうがずっとわかりやすいと思った。

わかりやすいかどうかはともかく、統計学者にまつわるさまざまな逸話は非常におもしろく、一部の統計学者の記述はほとんど天才賛美なのだが、こういう著者の尊敬と愛情のあふれる文章は読んでいて心が温まるというか、ほほえましいというか、とにかく楽しく読めた。また、個人的に「なるほど」と思ったのは、カオス理論に関する記述である。Salsburg によればカオス理論とは、反統計学で反確率論的であり、決定論によってあらゆる現象を記述・説明しようとする理論である。カオス理論といえば、「ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こす」かもしれない、というバタフライ効果のはなしが有名であるが、ほんのわずかな初期条件の違いが、システムのその後の結果に大きな違いを生むことがある、と主張するような説らしい。ここで重要なのはカオス・システムとは確率的なモデルではなく、完全に決定論的なモデルである(と Salsburg は言っている)という点である。また、決定論的なメカニズムによってランダムに見えるようなパターンを生成することは可能であることがカオス理論では述べられているそうである。つまり、一見ランダム、一見偶然、と思われるような現象の背後にも決定論的なメカニズムが潜んでいることをカオス理論は示唆する。 Salsburg によれば、統計学の発展により科学は観察された事実ではなく、その背後にある確率分布とそのパラメータを推定することに焦点を移していった。これは大きな革命(古典的な決定論の死)であったが、カオス理論は統計革命に対する反動であるというわけである。カオス理論がどの程度妥当なのか私は知らないが、複雑系に関する理論を社会現象に当てはめようとしている人たちはいるようなので(カオス力学系は複雑系の一種らしい)、このあたりの動向にはちょっとだけ興味がある。

スポンサーサイト
- | 23:22 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sociology.jugem.jp/trackback/762
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"