Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
「経済発展国における幸福感の上昇 1946-2004」 Veenhoven and Hagerty (2006)

Ruut Veenhoven and Michael Hagerty, 2006, "Rising Happiness in Nations 1946–2004: A Reply to Easterlin," Social Indicators Research, Vol.79 No.3, pp.421-436.
経済発展を経験した国々における平均幸福度の変化を検討した論文。ある社会が経済発展を遂げた場合に、社会成員の平均幸福度が上がるかどうかに関しては論争がある。Easterlin は 1946-1974 年の米国の平均幸福度の変化を検討した結果、平均幸福度に変化はなかったと主張している。この間、米国の一人あたり GDP は二倍に上昇しているので、ある社会が経済的に豊かになっても、社会のメンバーの幸福度は変化しないことがあるということである。このような現象は、Easterlin's Paradox と呼ばれているそうである。Veenhoven and Hagerty は 2003年の論文で 1972-1994 年の 21カ国データを使い、 この間に平均的な幸福度は上昇していることを示し、 Easterlin の主張を反駁した。これに対して Easterlin は 2005年の論文で Veenhoven らのデータ処理のやり方を批判し、自説を擁護した。要するに国や時期によって、幸福度は上昇していたりいなかったりで、一概に経済発展すれば平均幸福度が上がるというものではないということである。これに対して、Veenhoven and Hagerty は、多少の例外はあるものの、全体としてはやはり社会が経済発展すれば平均幸福度は上がるということを、この論文で主張している。この論文では、データの範囲を 1946-2004 に拡大し、非欧米諸国も積極的に検討している。

Veenhoven らは、米国に関して幸福度の複数の異なる指標が時代によってどう変化したか検討し、"happiness" というワーディングだと変化が見られないが、"satisfaction" だと上昇していること。"happiness" も 1980年以降は上昇していることから、概ね上昇があったと主張している。EU 8カ国のデータ(ユーロバロメータ)で 1973-2004 の EU 8カ国平均の変化を見ると、有意な上昇が見られる。しかし、国別に見ると有意に平均幸福度が上昇しているのは、EU 8 カ国中 4カ国だけである。非欧米諸国に関しても有意な上昇が見られるという。総じて、経済発展は平均幸福度を引き上げると考えていいのではないか、というのが結論である。

私は、「一人あたり GDP が上昇すれば平均幸福度が上がる、といった単純な仮説に固執してもあまり生産性はないのではないか」という感想を持った。この論文のデータを見る限り、一人あたり GDP が上がっても平均幸福度が上がらない場合があるのは明らかである。なぜ、経済成長しても平均幸福度が上がらない場合があるのか、その原因を検討したほうが生産的なように思える。Veenhoven らのデータがすべて比較可能だとすれば、確かに平均的に見れば経済成長は若干だが平均幸福度を高めるように思える。彼らはマルチレベル・モデルではなく、国レベルのデータだけで分析しているために検定力が弱いのだが、マルチレベル・モデルを使えば、米国の幸福度に関しても有意に上昇していると言えるかもしれない。ただヨーロッパの例も考え合わせると、もっと細かく分析したほうが生産的だろう。個人レベルのデータでも世帯収入が高いほど生活満足度の平均は高まる傾向があるので、経済成長が平均幸福度を高めるという説には特に違和感はない。ただ収入だけで幸福度が決定されるわけではないので、マルチレベル・モデルや要因分解法など、多変量解析の枠組みで分析したほうが生産的であろう。また、高齢化やコーホート交代の効果も検討されておらず、まだまだやるべきことがたくさんあるという印象である。

スポンサーサイト
- | 16:12 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"