Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
  • ペルー移民は日本でどのように社会移動を経験するのか
    佐藤悟 (03/21)
RECENT TRACKBACK
 
片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」

片山ふみ・野口康人・岡部晋典「図書館は格差解消に役立っているのか?」SYNODOS, 2015.12.07 Mon
図書館利用と社会階層の関係を分析した記事。いわゆる学術論文ではないが、興味のある問題なので、コメントしておく。知識や教養をすべての人にとってアクセス可能とするために、図書館は重要な役割を果たすと期待されている。それゆえ、図書館の利用と社会階層の関係は非常に重要である。著者らは図書館情報学が専門で、階層研究はあまり詳しくないと思われるので、階層研究者の視点から見ると、この研究がどう見えるかコメントしておきたい。いささか批判的なことを書くが、この研究に大きな期待を抱いているがゆえと理解していただきたい。

学歴と図書館利用が相関するのは当たり前

階層関連の変数と様々な文化活動(読書、音楽鑑賞、美術鑑賞、等々)の関連はこれまでいろいろ研究されてきており、高学歴者ほどさまざまな文化活動(特にハイカルチャーと呼ばれるようなもの)に従事しやすい、ということは繰り返し確認されている。ブルデュー風に言えば、文化活動を楽しむためには、それなりのディスポジション(性向と訳されるのか?)が必要であり、それは制度化された文化資本である学歴と相関するからである。それゆえ、当然図書館の利用も高学歴者ほど多いということは、まともな階層研究者なら誰でも容易に予測できる。また、高学歴者ほど公的なサービスの利用に積極的であることも、繰り返し確認されている。例えば、生活に困窮したときに役所に相談するかどうかを尋ねた場合、高学歴者ほどそういう意向を示しやすい。また、質的な研究でも、低学歴者が生活保護などの公的なサービスの利用に消極的であるような事実は繰り返し報告されている。当然、公共図書館の利用にも消極的になると予測される。これは公共サービスを利用するためには、公共施設の中で自然なふるまいをし、担当者とうまくコミュニケーションをとり、施設のルールを守ることが必要であるが、そのための経験や知識(お望みなら文化資本と言ってもよい)を低学歴者はあまり持っていないことが多いからであると考えられる(が、この辺をちゃんと研究した論文を私は知らない。誰か知っていたら教えてください)。

そして予測通り、この研究でも低学歴者のほうが公共図書館の利用率が低い事実が確認されたわけである。このような事実の確認を繰り返していくことの重要性は、いくら強調しても強調しすぎることはないのであるが、いささかインパクトに欠けることは否めない。著者らは学歴や社会関係資本(地域への愛着と地域活動)の効果を強調しているが、これらの変数が効果を持つことは私の目から見れば当然なので、いささかポイントを外している感じを受けるのである。

収入は図書館の利用に直接効果を持つのか

むしろ私がこの研究で興味を持ったのは、収入の効果がないということである。これは経済合理性という観点からは、いささか不思議な現象である。紙媒体の出版物を読みたい場合、本屋で買って読むか、図書館で読むか、の二択がある(もちろん、友人や知人から借りるとかネット上にフリーで掲載されていればそれを読むなど他にも選択肢はあろうがそれらはとりあえず無視)。図書館で新聞を読むか買って新聞を読むかの二択で考えた場合、経済的に余裕のある人ほど買って読みそうである。実際、パソコンの所有やスマホの購入など値段がある程度以上あるものは、世帯収入が高いほど購入しやすい。その理屈を敷衍すれば、無料である公共図書館は、世帯収入が低い人ほど利用しやすいはずである。しかし、この研究の成果を見ると、学歴などの効果を統制すると、世帯収入は図書館の利用率に有意な効果を持たない。このロジスティック回帰分析の結果は上で参照している SYNODOS の記事では書かれていないが、この記事の参考文献に挙がっている社会情報学会での報告資料には掲載されている。

新聞の例でもわかるように、図書館で主に借りられている本はせいぜい数千円なので、世帯収入が効果を持たないという可能性も考えられるが、文化活動の研究では、収入や職業的地位が有意な効果を持たないというケースがときどきあるので、これもその一例と考えられる。しかし、世帯収入になぜ効果がないのだろうか。一つは図書館の立地の問題である。以前、大阪の万博記念公園の中に大阪府立国際児童文学館があったが、非常に交通の便が悪く、自家用車があるとか、長い時間をかけて訪れる時間があるとか、そういう人でないと利用できそうになかった。もしも低所得者の利用しにくい場所に図書館があるなら、低所得者ほど本来無料の図書館へのニーズがあるが、不便さによって相殺されることで、世帯収入の効果が消えている可能性がある。これは想像の範囲を超えないが、私にとっては興味深いポイントである。

図書館は格差解消に役立たないのか?

著者らは、明確な結論を出すのを差し控えているものの、どちらかといえば、むしろ図書館は格差解消に役立たないどころか、階層の再生産を助長しているという論調である。その根拠は、上であげた学歴と地域愛着や地域活動と図書館利用の相関である。しかし、これはあまりにミスリーディングな議論である。確かに高学歴者ほど公共図書館の利用率は高いが、公共図書館が消滅したり、有料になったりしたら、今よりももっと階層間格差は広がるかもしれない。一時点だけで見た学歴と図書館利用率の相関は、何の証拠にもならない。公共図書館のおかげで今ぐらいの格差ですんでいるかもしれない可能性を想像してみるべきである。

例えば、図書館の充実している地域ほど学歴間の格差が大きい、とか、図書館をある地域に建てたら学歴間の格差が広まったとか、そういう証拠が得られるならば話は別だが、そうでない状況で学者が安易に図書館の機能を否定するようなことを匂わすのは慎むべきだと私は思う。確かに階層研究者の実感として言えば、「図書館は格差解消に役立つにちがいない」といった安易な断言を聞くと、「こいつバカじゃないのか」と思うのだが、逆に大した証拠もないのに「図書館は階層を再生産しているかもしれない」といわれても、やはり拙速な主張と言わざるを得ないのである。

ただし、繰り返すが、人々がなぜ、どのように、どんな本を読むのか、という問題は、個人の趣味の問題だけでなく、階層間の格差と密接に結びつ重要な問題である。図書館の利用と社会階層の関係に関する研究はあまり見かけないので、この研究成果には価値があるし、今後の発展にも期待している。

スポンサーサイト
- | 11:55 | - | -
コメント
from: オカベ   2015/12/09 1:45 PM

著者の一人です
(本コメントは他の著者からのコメントを盛り込んでいます)。

階層問題を専門にしている研究者からのご意見、大変光栄に思います。
また、明快なご指摘、ありがとうございました。

先生の見られている視点は階層問題を扱う上で基本的なことなのだろうと思いますが、
図書館情報学の先行研究の系列からすると、別の見え方もできます。
というのも、これまでの図書館は格差解消をお題目にしながら、
一方では「リクエストのある本を叶えることが図書館のミッション」という考え方が主流でした。
言い換えると、使う人「だけ」に目をむけて図書館運営がなされてきた、という経緯があります。
本稿には、それではやっぱり行き詰まりがあるよね、という意味がこめられているのです。
(だからといっても、現在、かなり過激なかたちで図書館の変化もあるところにはありまして、
 それはそれで難しい問題をはらんでいますが)

ですから、先生のご指摘する「明確な結論を出すのを差し控えている」
ニュアンスの文章になっているのはそれが理由のひとつです。

また、先生のご指摘している「本屋で買って読むか、図書館で読むか」ですが、これは確かに必要な視点だと考えます。
研究結果には盛り込んでいませんが、その点についても少し検討しておりまして、
高所得者層は紙の本を購入しない人ほど図書館を利用するという結果が出た一方で、
低所得者層は紙の本の購入の有無に関わらず図書館を利用していないという結果もでており
低所得者層においては、本の購入の有無が図書館利用とは結びついていない、というのがありました。
また、立地条件については、確かに近いほうが利用はされていますが、
地域別、都市規模別の特徴はよく見えない(まんべんなく利用されている)というのもありました。

SYNODOS の記事ではリーダブルな文字数を目指した都合上、
書ききれなかった部分も多いため、
引き続き、頂いたご意見を反映して研究を進めていけたらと考えています。

なにはともあれ、このような誠実なコメントをいただけて、
また期待をもっていただけて、大変ありがたく思います。
図書館業界において、これまで階層についての議論はほとんどなされませんでした(タブー視に近いんじゃないか、という個人的な感覚すらあります)。
しかし、この議論は今後、密におこなっていく必要があると著者一同実感しておりますので、
ぜひ、専門の立場から、ご教示のほどよろしくお願いいたします。

我々も、図書館業界の議論の系列がどのような経緯を辿っているか、
どのような問題が今の図書館では話題になっているか等、
お伝えすることでお返しとしてできればと思っています。

大変有意義なコメント、ありがとうございました。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sociology.jugem.jp/trackback/849
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"