Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
社会学関連学会の「活発さ」の比較:発表数/会員数にみる数理社会学会の盛り上がり

数理社会学会 (Japanese Association for Mathematical Sociology: JAMS) のシンポで幾つかの社会学関連学会の各大会での発表数を調べてみたので、それについて簡単に報告したい。結果は下の表1のとおりである。なお、私は JAMS の会員で理事なども何度か経験しているので、JAMS びいきの論調になっていることは留意されたい。

表1: 社会学関連学会の大会における発表数と会員外数との比

時期

場所

会員概数 (N)

報告本数 (x)

x/N

関西社会学会2015.5立命館大学900560.06
家族社会学会2015.9追手門学院大学700570.08
環境社会学会2015.6立教大学60016+5+7 = 280.05
社会情報学会2014.9京都大学600780.13
数理社会学会2016.3上智大学30036 + 36 = 720.24


  • 選んだ学会は JAMS と関西社会学会(私が会員なので)以外は私が独断と偏見で活発に活動していそうな学会を選んだ。
  • 会員概数は各学会のホームページから得たが、各学会のホームページに記載がない場合は社会学系コンソーシアムのホームページの記載を用いている。
  • 報告数は WEB上から得られる最新の大会のプログラムから数えた。シンポの場合は、スピーカーの人数を報告数とみなしたが、コメントは報告とはみなしていない。また会長講演や受賞講演も報告と見なしていない。
  • 環境社会学会は年次大会以外にも研究集会を2回開いていることが確認されたので、それらでの報告数がそれぞれ 16, 5, 7 本だったので、合計 28 本とカウントしている。JAMS は口頭報告とポスター報告がそれぞれ 36 本ずつで合計 72 本であった。
以上を見ると、JAMS が突出して活発な学会であることがわかる。報告数を見ると、社会情報学会に次いで多く、会員数 (N) で報告数 (x) を割った値 (x/N) をみると(これを報告率と呼んでおく)、社会情報学会よりもずっと高い値を示しているのがわかる。また、数理社会学会は年に 2 回大会を開いており、2015年9月には 50本の報告があったので、これらをあわせると、報告数でも社会情報学会を凌駕する。

報告数がポアソン分布すると仮定して、報告数に差があるかどうか検定してみると(いわゆるポアソン回帰分析)、すべての学会での報告数は等しいという帰無仮説は X2 =28.7 (df = 4) p < .001 で棄却できるが、一対比較すると、JAMS よりも有意に報告数が少ないといえるのは、環境社会学会だけで、ほかは有意差がない (Wald 検定)。ただし、1年間の報告数で見ると、JAMS は 72 + 50 = 122 本の報告になるので、一対比較してもすべて 1% 水準で有意差がある。報告率の差を検定すると(これもポアソン回帰)、JAMS の報告数を 72 とみなし、 他の 4つの学会と一対比較で検定しても、0.1% 水準で有意に報告率が高い。

JAMS はポスターセッションを中心に近年報告数が増加しており(別のサイトの拙稿を参照)、アクティブさが増しているという印象を多くの会員が持っていると思うが、その印象を裏付けた結果である。もちろん比較対象となる学会の選び方が恣意的なので、強い結論は出せないが、実感としては日本の社会学の中ではトップクラスの報告率の高さである。なぜこれほど報告が多いのかは不明だが、ポスターセッション等で有益なコメントを得られるという実感を持つ会員が多くいるからではないだろうか。若手の院生から 60 すぎのベテラン会員まで非常に多様な報告があり、それに対して建設的なコメントが多くなされているという印象がある。学会によっては一般報告は若手ばかりで、フロアからはベテランしか発言がない(しかもほとんど説教)、というところもあるようだが、ああいう所では報告したくないという気持はよく分かる。

JAMS には統計や数学に詳しい社会学者が多いので、そういう人たちのコメントが欲しいという研究者はもっとたくさんいるはずである。JAMS ではポスターセッションは萌芽的セッションと呼ばれ、未完成の研究でもウェルカムなので、気軽に参加されたい。

スポンサーサイト
- | 14:07 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"