Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
「正規労働と非正規労働の代替・補完関係の計測」(原 2003)

原 ひろみ, 2003, 「正規労働と非正規労働の代替・補完関係の計測--パート・アルバイトを取り上げて 」『日本労働研究雑誌』45 (9)独立行政法人労働政策研究・研修機構: 17-30.
経済学のことはよく知らないので、以下の記述にはとんでもない誤解が含まれている可能性あり。経営者は調達した資金を固定資本や人件費などに適切に割り振ることによって、財やサービスをできるだけ多く生産したいと考えるだろう。しかし、このような最適な割り振りを知るのは容易ではない。正規雇用と非正規雇用の人件費配分に関しても同様のことが言え、正規雇用を減らして非正規雇用をその分だけ増やせば人件費を下げることは可能であるが、そのせいで生産性が下がれば売上が減少して、けっきょく損をする可能性もある。そこで、粗付加価値を従属変数とし、固定資本、正社員人件費、非正社員(この論文ではパート・アルバイト)人件費に回帰させて、その効果を分析するという方法が考えられる。

この論文で特に問題になっているのは、正規雇用と非正規雇用の間の代替性/補完性である。上記の回帰分析の枠組みで言えば、粗付加価値に対する正社員人件費などの効果は、主効果だけでなく、交互作用効果の存在が考えられる。例えばもしも正規雇用と非正規雇用の人件費の交互作用効果が正ならば、資金を適切な比率で正規と非正規の両方に分配したときに粗付加価値は最大になるが、もしも交互作用効果が負ならば、主効果の小さいほうの人件費をできるだけ少なく(定義域の最小値に)して、主効果の大きい方の人件費をできるだけ大きくする(この分析では固定資本もモデルに含まれているので、実際にはもう少し複雑)のが合理的ということになる。それゆえ、交互作用効果が正か負かが重要なポイントになる。交互作用がプラスの場合、2つの生産要素(上の例では正規雇用と非正規雇用)は相補的、マイナスの場合は代替的という。

正規労働者数、非正規労働者数、正規労働者の賃金のデータは生命保険文化センター『企業の福利厚生制度に関する調査(1998年)』で30人以上の正規労働者を雇っている企業が対象である。その他のデータは賃金センサスや法人企業統計から得ているのだが、個々の企業のデータではなく、あるカテゴリーの企業の平均値を割り当てているので、著者も認めるようにかなり無理のあるデータのように思える。

分析の結果、正規雇用と非正規雇用の人件費の交互作用効果は正の有意な値を示しており、両者は相補的である。つまり、非正規雇用をどんどん減らせば粗付加価値は上がっていくというわけではなく、最適な分配比率がある。ただし、従業員が 30 人以下の小企業や卸売業に限定すると、正規雇用と非正規雇用は代替的である(どちらに資金を割り振ったほうが粗付加価値が上がるのかはよくわからない)。

著者は、この分析結果から、バブル崩壊以後、非正規雇用が増加した原因が、正規雇用の代わりに非正規雇用が雇われたことにあるのか、わかるかのような論調なのだが、それはまた別の問題であり、明らかに議論の飛躍がある。私の理解では、どんな企業の粗付加価値が高いのかを横断的データで分析しているだけなので、歴史的な変化についてまでこの分析結果から言えるとは到底思えない。仮に正規雇用と非正規雇用が相補的で、企業が合理的に行動するとしても、初発の時点で正規雇用を多く雇いすぎていたのであれば、合理的な企業は正規雇用を減らして非正規雇用を増やすだろう。それゆえ、この分析結果から言えるのは、正規雇用をどんどん非正規雇用に代替していけば粗付加価値がどんどん増えていくとは言えず、どこかで止めたほうがよい(あるいは正社員を増やしたほうがいい企業もあるかもしれない)という程度のことではないのだろうか。

スポンサーサイト
- | 07:31 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"