Theoretical Sociology

太郎丸博のブログです。研究ノートや雑感などを掲載しています。(このページは太郎丸が自主的に運営しています。京都大学の公式ページではありません。)
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008
後期近代と価値意識の変容: 日本人の意識 1973-2008 (JUGEMレビュー »)

NHKの日本人の意識調査のデータをつっこんで分析した本です。
RECOMMEND
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives)
Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia: A Global Perspective (The Intimate and the Public in Asian and Global Perspectives) (JUGEMレビュー »)

直下の和書の英語版です。審査を通過するためにレフェリーのコメントに従って若干修正してあります。
RECOMMEND
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏)
東アジアの労働市場と社会階層 (変容する親密圏/公共圏) (JUGEMレビュー »)

GCOEの成果をまとめた本です。日本を中心に韓国、台湾(中国も少し)との比較研究をしてます。
RECOMMEND
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー)
若年非正規雇用の社会学‐階層・ジェンダー・グローバル化 (大阪大学新世紀レクチャー) (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。非正規雇用に関する本はたくさんありますが、「なぜ正規雇用と非正規雇用では賃金格差があるのか」など当たり前と思われがちな問題を突き詰めて考えてみました。
RECOMMEND
フリーターとニートの社会学
フリーターとニートの社会学 (JUGEMレビュー »)

拙編です。オーソドックスな計量社会学の手法で、若年非正規雇用や無職にアプローチした本です。白い装丁なので、輪郭がわからないですね...
RECOMMEND
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門
人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門 (JUGEMレビュー »)
太郎丸 博
拙著です。軽く読み流すのは難しいですが、まじめに一歩一歩勉強するために作りました。
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望
    charlestonblue (10/08)
  • Cohen et. al 2011 「フェミニズムの方法論的インパクト: 社会学のやっかいな問題?」
    abe daijyu (10/05)
  • アマチュア社会学の可能性
    読者 (02/20)
  • 社会システム理論の野望、あるいは全体性へのオブセッション
    宮国 (12/19)
  • 片山他 2015「図書館は格差解消に役立っているのか?」
    オカベ (12/09)
  • ランダム効果の意味、マルチレベル・モデル、全数調査データ分析
    YZ (12/07)
  • 学歴社会から「学習資本」社会へ:日本の教育と社会における階級形成の再編
    赤尾勝己 (02/11)
  • グラフィカル・モデリングとは?
    anonymous (11/30)
  • Rスクリプト覚書き:vglm関数で平行性の仮定を置かずに順序ロジット
    ほっくー (08/05)
  • 台湾の経済: 典型NIESの光と影
    おーまきちまき (07/19)
RECENT TRACKBACK
 
「イデオロギー的に非論理的?なぜ低学歴者の価値の一貫性は低いのか」Achterberg and Houtman 2009

Peter Achterberg and Dick Houtman, 2009, "Ideologically Illogical? Why Do the Lower-Educated Dutch Display so Little Value Coherence?," Social Forces, Vol.87 No.3, pp.1649-1670.
なぜ高学歴者の間でしか、経済的保守性と文化的保守性が相関しないのか検証した論文。ふつう保守 vs 革新、右派 vs 左派といった対立軸で政治イデオロギーを分類する場合、保守または右派は経済的には所得再分配には消極的で、企業の経済的自由を擁護し、文化的には伝統的な家族や宗教を養護する傾向が強い。いっぽう革新または左派は経済的には所得の再分配に積極的で、企業の活動に規制をかけることに肯定的であり、文化的には個人の自由を擁護し、宗教や伝統的な家族規範による規制を廃しようとする傾向が強い。

このようなイデオロギーの対立軸は政党の政策や知識人を位置づける上ではそれなりに有効であったが、一般の有権者の態度は必ずしもこのような対立軸でうまくとらえられるわけでないことは Lipset (1959) のころから指摘され続けてきたという。すなわち、労働者は中産階級に比べて経済的には革新寄りの価値観を持っているが、文化的にはむしろ権威主義的で保守的であるというわけである。労働者階級の人口は中産階級や資本家のそれよりも圧倒的に多いので、もしもすべての労働者が革新政党を支持するならば革新政権が誕生するはずであるが、実際には労働者は文化的に保守的で権威主義的なので、保守政党を支持することも珍しくなく、それが革新政党の敗北につながる、というわけである。

上記の現象は、イデオロギーの一貫性の問題として概念化されてきたという。つまり、中産階級はイデオロギーの一貫性が高いが労働者はそれが低い、と言われる。あるいは、中産階級では経済的保守主義と文化的保守主義がプラスに相関するが、労働者の間では、両者は相関しない、といいかえてもよい。上記のような労働者の文化的保守性が必然的に労働者のイデオロギー的非一貫性を帰結するわけではないが(労働者の文化的保守とイデオロギー的一貫性は共存しうる)、親和的な現象といっていいのかもしれない。しかし、著者らはこれらを同一の現象の異なる側面として理解している。

なぜこのような非一貫性が起きるのかについては2つの仮説があり、一つは労働者の政治的能力 (political competence) が低いからイデオロギーの一貫性が低いとする仮説である。ほんらい、論理的には経済的に保守なら文化的にも保守になるはずなのに(どんな「論理」なのかは不明)、政治の問題を包括的かつ論理的に判断する能力が労働者にはないため、非論理的、すなわち一貫性のない政治的態度を持つという仮説である。第二の仮説は、労働者は単に自分たちの利害に忠実であるから、中産階級から見ると非論理的で一貫性のない態度をとっているように見えるだけだ、とする仮説である。労働者階級は経済的に不安定で相対的に貧しいので所得の再分配を支持する。これは彼らの利害に一致している。また労働者は文化的にも不安定で文化資本にもとぼしいので、文化的な安定をほっする。それが権威主義や伝統的な家族や宗教の支持につながる、つまり文化的な保守主義を帰結するという理屈である。しかし、これがイデオロギー的非一貫性を帰結するとは限らないと私は思う。この第二の仮説に従えば、いっぽう中産階級は経済資本も文化資本も労働者よりは豊かなので、経済的には保守的で文化的には革新的になるはずだが、だからといってイデオロギー的な一貫性が高まるとはいえないと私は思う。著者らはなぜ中産階級で一貫性が高まるか説明していないのだが、とにかく単に経済資本が多いというだけでは再分配に否定的にならず、文化資本が低いときにだけそうなる(逆に言えば経済資本が少ないだけでは再分配に肯定的にはならず、文化資本が高いときにだけそうなる)、と言っているようなのだが、なぜそういう仮説が考えられるのか、その説明はなく、それが本当にイデオロギー的一貫性を中産階級にもたらすのかも、私にははっきりわからない。

オランダの2006年の全国調査データを使って、第一の仮説を否定し、第二の仮説を支持しているのだが、概念の測定がかなり個性的と言うか、いろいろ批判を呼びそうな苦しいものになっている。まず階級そのものは測定されておらず、学歴が代用されている。文化的保守主義は権威主義尺度(アドルノらが開発した F尺度)の7項目版で測定されており、経済的保守主義は、経済的平等や所得の再分配にたいする意見を問う5項目からなっている。文化的保守主義と経済的保守主義を Z得点に変換した上で両者をかけあわせた値が、イデオロギーの一貫性の尺度とされている。経済資本は失業の有無と暮らし向きの主観的判断(2項目)で測定され、文化資本は、 Srole (1956) のアノミー尺度で測定されている。さらに政治的能力は上記の文化的保守と経済的保守の計12項目に有効回答しているかどうかで測定されている。つまり、12の質問に対して、Don't Know, No Answer (DK.NA) かどうかを調べ、その数が少ないほど政治的能力があると概念化している。いろいろ言いたいことはあるが割愛。

分析はまず、文化的保守の項目と経済的保守の項目を一因子にまとめられるか、二因子以上必要か検討することから始まっており、確証的因子分析の結果、二因子以上必要という結論を得ている。12項目もあるので当然の結果であるが、因子間の相関もほぼゼロでこの点は説得力がある。誤植が多いのが残念。次にサンプルを学歴別に分けた上で、それぞれの学歴グループ内での二因子の相関を計算すると、たしかに高学歴層で .26 の相関があるのに対して、低学歴層では -.32 の相関であり、むしろ逆になっている。さらにこのようなイデオロギーの一貫性を従属変数として分析を行うと、経済資本と文化資本のあいだに負の交互作用効果が見られ、仮説通りの結果となっている。が、教育がイデオロギーの一貫性におよぼす総効果は標準化係数でせいぜい .07 とか .08 程度であり、大前提が十分に満たされていない感じはある。また、政治的能力はイデオロギーの一貫性に有意な効果を持たない。

面白い問題だとは思うのだが、上記の操作化の問題はかなり深刻で、結果は、あまり真剣に受け取る気にはなれなかった。分析の欠損値処理について特に書かれていないのだが、明記しない場合はふつうリストワイズ法で処理していると考えられる。しかし、もしもそうならば、文化的保守と経済的保守の計12項目に有効回答しているサンプルのみで分析されているはずで、だとすればこの有効サンプルの政治的能力は全員最大値をとっているはずである(だとすればこの変数の分散はゼロ)。しかし、学歴と政治的能力の間には .16 のバスがひかれているので、政治的能力に多少の分散があることは明らかである。おそらくペアワイズや代入法の類で欠損値処理していると考えられるが、何も記載がない。さらに分析結果の図表に誤植がけっこうあり、IFI =46, DF = .95 とかふつうありえない値が出てきていて、とても残念である。

おまけ。労働者が平均的に見ると中産階級よりも文化的に保守的かつ経済的には革新的だからといって、労働者のほうが中産階級よりもイデオロギーの一貫性(文化的保守性と経済的保守性の相関)が低いとは限らない、ということを証明するために、そのような事例、すなわち架空のデータセットを作ってみた。以下がその架空のデータの散布図。

横軸が経済的保守性で、縦軸が文化的保守性、赤い点が中産階級、青い点が労働者階級である。青い点は左上に位置する、つまり経済的には保守的でないが文化的には保守的である。中産階級はその逆である。イデオロギーの一貫性は、各階級内の2種類の保守性の相関の強さであるが、このデータでは労働者のほうが一貫性が高いことがわかる。つまり、労働者が平均的に見ると中産階級よりも文化的に保守的かつ経済的には革新的だからといって、労働者のほうが中産階級よりもイデオロギーの一貫性が低いとは限らないということである。それゆえ、著者らの議論の大前提の一つが間違っているということになる。以下は上の架空のデータとグラフを作った R のスクリプト。

sigmaL <- matrix(c(1, 0.6, 0.6, 1), 2, 2)    # 労働者の文化と経済の保守性の分散共分散行列
sigmaH <- matrix(c(1, 0.01, 0.01, 1), 2, 2)  # 中産階級の    〃              
library(MASS)
dL <- mvrnorm(n = 100, m = c(-1, 1), Sigma = sigmaL)  # 労働者階級の文化と経済の保守性のデータ
dH <- mvrnorm(n = 100, m = c(1, -1), Sigma = sigmaH)  # 中産階級の    〃        
dL <- as.data.frame(dL)
dH <- as.data.frame(dH)
dL$class <- "working.class"
dH$class <- "middle.class"
dLH <- rbind(dL, dH)  # 労働者と中産階級のデータを一つに
names(dLH) <- c("economic.conservative", "cultural.conservative", "class")

library(ggplot2)  # ここからグラフの作成
g <- ggplot(dLH, aes(x = economic.conservative, y = cultural.conservative, colour = class))
g <- g + geom_point()
g <- g + geom_smooth(method = "lm")
plot(g)
スポンサーサイト
- | 17:33 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sociology.jugem.jp/trackback/976
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"